店長ご挨拶
profilephoto ビーズフラワー専門店ビーズが咲いたよ」を運営しております。ビーズフラワー製作に必要な糸通しビーズやカラーワイヤー等の材料をはじめ ウェディングブーケ、オリジナルキットをそろえて、 皆様のお越しを心からお待ちしております♪

ビーズフラワー専門店
ビーズが咲いたよ

http://www.saitayo.com

facebook インスタグラム ツイッター
ENTORIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
ブログ製作なら
スマホで見る

LINKS
OTHERS
【予告】春の舞(梅と沈丁花のキット)のアレンジ替えキット販売開始予定

 

春の訪れを告げる沈丁花。

そろそろ、開花してくる頃でしょうか。

先日大阪城公園で見かけた沈丁花はまだ固いつぼみでした。

 

 

数年前に撮った写真ですが・・・💦

 

学名をDaphne odoraといって、ギリシャ神話の女神さまのお名前を持つこのお花。

それでも、なんとなく和のイメージがあるのですがなぜかしら?

 

秋にどこかしらいい匂いと思うと金木犀ですが、春先にいい匂いと思うと沈丁花、

初夏に咲くクチナシ(うちの周りのクチナシは二期咲きで秋にも咲きますが💦)と合わせて三大香木の一つです。

 

そんなこともあってか昔から歌人にも詠まれたりしているので和のイメージが強いのでしょうか。

 

雑学ついでに、もう少し沈丁花のお話。

 

中国から渡ってきた沈丁花ですが、原産のものは雌雄異株なのですが、

日本にある沈丁花はほぼ雄株だそうです(なんででしょう?)。

雌雄異株で両方が存在している場所では、赤い実がなるそうですが、

日本ではそう言った事情で沈丁花の実を目にすることはほとんどないとのこと。

 

雄株しかないとどうやって増やすのかな?と不思議に思いましたが、

挿し木で比較的簡単に増えるそうです。

 

ちなみに、花弁のように見えるのはガク片です。

 

つくりでいうと、ミツマタ属なので枝ごとビーズフラワーで作るときは

枝分かれ具合はミツマタにするとそれっぽくなると思います。

 

数年前、この沈丁花と梅のキットを販売していましたが、器がメーカー製造終了となったため、

キットも販売終了となってしまっておりましたが、器を変え販売を再開したいと思います。

 

今回使用する器は前回のものより高価だったりアレンジ素材が多くなったりで、

大変心苦しいのですが、お値段が上がります。

 

あとは、完成品の撮影と推敲を残すのみとなりました。

 

来週中には販売再開ができるかなと思ってます(#^.^#)

 

 

 

 

 

お花... comments(0) -
今日から3月ですね〜

3月に入りました。

いよいよ、春到来の雰囲気が満ちてきました。

 

昨夜はとても風が強くて落ち着かない感じでしたが、

一夜明けて、風はまだ強いですがなんだかとっても温かいです。

 

そんな春の訪れを感じつつ、春の素材で遊んだものを♪

 

 

つくしやフキノトウ、菜の花のつぼみです(笑)

 

3月の歳時記といえば、

3日が桃の節句、6日が啓蟄、13日に彼岸入りして24日が彼岸明け、21日が春分。

 

最近、桃の節句にちなんだビーズフラワー作品をFBやインスタで時々お見掛けして

とっても楽しい気持ちになっています♪

 

これからの季節、お花がいっぱ咲くのでワクワクしますね(#^.^#)

 

 

 

雑記... comments(0) -
お客様よりビーズフラワー作品のお写真をいただいております

 

お客様より素敵なビーズフラワー胡蝶蘭のお写真をいただきました〜♪

 

本当にすごい!!!

 

お花の美しさもさることながら、葉もすごいですね♪

 

胡蝶蘭の葉は中心が長くてそのうえ大きいので、

とても作りづらいと思うんです。

このように美しく仕上げるには特に。

 

レーシングも丁寧に施されていて、

お客様の丁寧な作りこみに愛情を感じてとっても感動的です。

 

お花の表情も生き生きしていて命が吹き込まれています。

つぼみも今にも開花しそうな気がします💛

 

素敵な作品のお写真、

本当に本当にありがとうございました(#^.^#)

 

 

 

 

ビーズフラワー... comments(0) -
三角ビーズ(MIYUKI、広島グラスビーズ)はただの三角形ではなかった!

今日はMIYUKIの三角ビーズについてあれやこれやと(#^.^#)

 

 

当店がオープンした当初は広島グラスビーズ社から仕入れをしていました。

その時に担当の方から綺麗でしょ!ってご紹介いただいて、

インパクトのあるこの姿に惚れ惚れし、

大量に仕入れたなぁーなんてことを懐かしく思い出します。

 

いつだったか、お客様から

三角ビーズってどこが三角なのですか?」と

聞かれて、そんな説明のブログを昔書いたのですが、あれはいつだったでしょうか。

 

その時は、どうやってもこのビーズの写真がうまく撮れなかったんです。

一眼レフではないですが、マクロにとても強いといわれたカメラ使っていたのですが・・・。

 

もっと小さな丸小ビーズはピントが合っていたので大きさの問題ではなく

外側の無色透明のガラス部分と、穴との距離が不規則で、

焦点が合いづらいのが原因だったのだろうと思います。

 

一眼レフに超マクロな高級レンズ(?)を使って撮影すれば当時でも撮れたのでしょうが

その技術も機材もなく。。。

 

でも今回撮れてますよね!

すごいわー、iphone(えっ💦)

 

先日物撮りのプロのカメラマンの講習を受けてご指導いただいたんです。

 

そうしたら、

「最近のipadや、iphoneはよくできてるから

それで一度とってごらんよ」って。

 

ほんとすごいですねー(^^;)

わたしの技術や、当店の機材力の不足分を世の進歩がカバーしてくれてますw

 

肉眼で見るよりよくわかる♪

カット面の写真も撮れたので、形状を見ながら考察してみたいと思います。

 

 

先ほどの質問

Q:三角ビーズってどこが三角なのですか?

A:ビーズの外郭と穴が三角です

 

それも、ただの三角ではない!!くぼみ付き!!

そして穴まで三角!

 

このくぼみがあることで、ガラス面の角度に緩急がつき光が乱反射するようです。

 

そして三角の穴はガラスの厚みが薄いところはより薄く、

厚いところはより厚くなるよう配置されています。

 

最上部の写真(MIYUKI 三角ビーズ 中染め 赤 )を見ていただくとわかりやすいですが、

中を染めている効果によりガラスの無色透明感をさらに強く感じることができます。

 

そんな理由が合わさってこのキラキラ感が出てるのですね。

 

三角ビーズ 中染め 白だとこんな感じ↓

 

↓動画だと少しわかりやすいでしょうか?

 

 

もっといい動画が取れたらまたアップします沈

…動画もこれまた難しいなぁ…

 

赤の三角ビーズを使って作ってみました。

 

ちょっと宣伝、はさませてください m(_ _)m ペコリ

このバラの作り方は、ビーズフラワーキット ぷっくりミニローズのつくりかたで

外側を三角ビーズに変えて縁取ったものです。

 

このひまわり↓の中心部は茶色の三角ビーズを使っています。

 

 

緑の三角ビーズを使ってゲイラックスの葉の周りのギザギザ具合を出してみました↓

 

ふち以外は丸小ビーズで作っています。

先ほどのゲイラックスを作品の中に入れ込んでいます。

らせんを描いている添え物も三角ビーズです。

 

作品の中に入れ込むといいアクセントが効くなとハート

 

当店取り扱いの三角ビーズのサイズは丸小より少し大きく2.5mmです。

大きさやテクスチャの違いは何となく実感していただけますでしょうか?

 

キラキラ感の撮影は難しいですね・・・

 

今日はしつこく三角ビーズについて語ってみました💦

 

そんな三角ビーズはこちら↓

ビーズ MIYUKI ( 広島 ) ビーズ 三角 ( トライアングル ) 糸通しビーズ

 

※2018年2月22日現時点では、すべて

外側は無色透明のもので内側を色染めした三角ビーズを陳列させています。

 

 

 

 

 

商品のご案内... comments(0) -
お客様から💛

お客様からうれしい写真付きのメッセージをいただけました♪

 

 

いつもたくさんのお買い上げをいただき、どんなお花が咲くんだろうと

想像を膨らませていたのですが、こんな素敵なお花を咲かせていらっしゃったのですね♪

 

もう、拝見させていただいてうれしくってうれしくってハート

 

お電話でお話しする機会があり、つい先日初めてお声を聴かせていただいたのですが

電話口から感じられるお人柄もとても心温まるもので、

この優しい雰囲気のご作品はお人柄が反映されているんだなーと感じてます。

 

また、私も元気エネルギーをいただけました(#^.^#)

 

 

ビーズフラワー... comments(0) -
<< | 3/34 | >>